枝毛に良いシャンプーの洗浄成分は何?の情報ページ

枝毛に良いシャンプーの洗浄成分は何?

枝毛に良いシャンプーの洗浄成分は何?

シャンプーの洗浄成分と言うとちょっと??ですよね。良くCMとかで見るとエキス系の配合を強調していると思いますが、シャンプーで言うとエキス類の配合量って結構少ないんですよね。水と界面活性剤でほぼ成り立っています。そのため界面活性剤の質と言うのが大切なんですが、エキス類ももちろん大切です。

 

水と油は混ざり合わないので通常分離しています。界面活性剤がないと皮脂が浮かないので浮かせるために界面活性剤で水と油が混ざる様にします。化粧品などでもオイル類と水分が混ざる様に配合されています。

 

枝毛に良いシャンプーの洗浄成分はアミノ酸系でも低刺激の洗浄成分が良いと言われています。それは枝毛だと乾燥していたり傷んでいる状態なので洗浄力が強いと髪の内部のケラチンなどが流出してしまうと言うのがあり、シリコンが多くのシャンプーに配合されています。

 

でもアミノ酸系の特徴は髪には補修作用があり、汚れを落とせる作用もあるので選択洗浄性とも呼ばれています。またグルタミン酸TEAと呼ばれるアミノ酸系でも洗浄力が弱い部類に入る洗浄剤でも汚れを浮かす力は持っています。浮かしてすすぎで落とすので浮かせられればキレイにする事ができるんですよね。なので枝毛の修復するためにはできるだけシャンプーの段階でガビガビにしない様にすると良いですね。

 

特にサッパリ感が洗浄力が強くなるとでてくるのもうるおい成分を流してしまうと言うのがあるのでうるおい感を残す場合はしっとり系の方が良いですね。枝毛ケアなどに良いシャンプーでは指通りが良いココイルグルタミン酸TEAが良く使用されています。また泡立ちが悪いと言うデメリットと乾いた時によりサラサラになりやすい洗浄成分ではアラニンが良く使用されていて特にサロン仕上がりの良さと言う感じのシャンプーはこの2つの洗浄剤が良く使用されています。

 

どちらもアミノ酸系シャンプーでは高級成分なので若干価格は高くなりやすいですが、良心的な価格のシャンプーも増えてきています。

特に肌が薄い赤ちゃんですが、アトピー性皮膚炎などの症状がある場合には入浴など湯冷めやより肌が乾燥したりするので入浴剤で保湿しながら行うと効果...

刺激で発毛と言うのも確かにエタノールなどによってあるかと思いますが、タンパク質変性作用やまたはシリコンコーティングによって髪をキレイに見せる...

▲枝毛に良いシャンプーの洗浄成分は何? 上へ戻る

枝毛に良いシャンプーの洗浄成分は何? 先頭へ戻る