切れ毛・枝毛ケアにトリートメントはどんなのが良いの?の情報ページ

切れ毛・枝毛ケアにトリートメントはどんなのが良いの?

切れ毛・枝毛ケアにトリートメントはどんなのが良いの?

髪が傷んでいるとシャンプーも大変ですがより重要なのはトリートメントですよね。最近ではコンディショナーもほぼトリートメント変わらない感じになってきているので使用しているラインがシャンプーとコンディショナーである事も多いのかもしれません。名称の違いというよりも重要なのはただシリコンで構成されていると言うのではなく、髪に栄養を補給する成分が入っているかが大切です。

 

バージン毛ではシャンプーだけでよい場合も多いですが、髪が傷んでいるとやはり髪自体は補修作用や修復すると言う事が出来ないので、プチプチ切れてしまう切れ毛などは毛先をカットしてしまう方が本来では良いです。しかしトリートメントで毛先の指通りを良くするためにも毛先は中身が出てしまっている様な状態なのでより滑らかになりやすい植物性オイル(シアバター、ツバキ油、アルガンオイルなど)が配合されていると滑らかになりやすいです。

 

またノンシリコンタイプでも髪が滑らかにきしみにくい傾向もあります。ただ艶が出ると言う面での期待感はあるけれど、補修という感じではヘマチンやPPTなどが配合されていると良いです。コンディショナーとかトリートメントはシャンプーの成分もマニアックな感じですが、より単語が長いのでマニアックです。頭皮につけて良いと言うトリートメントもありますが、結構刺激的な成分は多いですので、より成分をしっかり確かめて頭皮につけれるかどうか確認すると良いです。

 

白髪染めとかヘアカラーもそうですが、頭皮に刺激となりやすい成分って配合されている事もあるのでトリートメントでは頭皮につけると言う事はないけれど、コンディショナーってメーカーごとにちょっとそれぞれ違いがあり過ぎる感じでもあるので、成分とか確認してみると良いですよ。

 

頭皮につけても安心というのは購入前の安心感ということでしかない場合もあるので、頭皮につけない方向で髪に使用するというのをやはり基本にしていくと良いですね。

▲切れ毛・枝毛ケアにトリートメントはどんなのが良いの? 上へ戻る

切れ毛・枝毛ケアにトリートメントはどんなのが良いの? 先頭へ戻る