コラーゲンは三重らせん構造のもの

コラーゲンは三重らせん構造のもの

コラーゲンは三重らせん構造のものですが、原料から抽出する際にこの構造が崩れてしまい、コラーゲンが持つ効果が発揮できないというデメリットがありました。

 

独自の製法を用いることで、コラーゲンが持つ三重らせん構造を崩さずに抽出することができました。そのため、コラーゲンが本来持つ効果を発揮することができます。また、着色料、保存料、香料などの添加物を一切使用していないため、身体にも負担をかけません。

 

コラーゲンは独特の風味があるため、飲み物に入れると、味を邪魔するのではないかと心配する方もいらっしゃるでしょう。味も臭いもありませんので、飲み物に混ぜて気軽に摂取することができます。また、いつものお料理に混ぜることで、手軽にコラーゲンを摂取できます。

 

コラーゲンは肌に良い成分であることはわかっていても、カロリーが心配という方も多いのではないでしょうか。1回分が4kcalと低カロリーであるため、ダイエット中の方にもおすすめできます。

▲コラーゲンは三重らせん構造のもの 上へ戻る
コラーゲンは三重らせん構造のもの 先頭へ戻る