洗浄成分を使用している石鹸シャンプー

洗浄成分を使用している石鹸シャンプー

石鹸シャンプーは、石鹸を洗浄成分に使用しているシャンプーです。

 

石鹸も界面活性剤の一種ですが、石油によって作られる合成界面活性剤と違い、動植物の油脂をアルカリで煮ることで作ります。

 

このアルカリが水酸化ナトリウムだと脂肪酸ナトリウムという石鹸になり、水酸化カリウムだと脂肪酸カリウムになります。

 

シンプルな材料と製造工程で作られるので、自然派志向の方に人気があります。

 

石鹸シャンプーのメリットは、まず髪や頭皮に優しいということが挙げられます。

 

洗浄成分は天然由来の植物が原料となっているので、化学成分のように強い刺激でダメージを与えることはありません。

 

洗浄力は強いのですが刺激は弱いため、優しく洗い上げることができます。

 

石鹸シャンプーはエモリエント効果があるので頭皮には非常に良いので、相乗効果を狙って頭皮のツボを活用して抜け毛を減らすというのも良いかもしれません。

石鹸シャンプーは、石鹸を洗浄成分に使用しているシャンプー

石鹸シャンプーは石鹸を洗浄成分に使用しているシャンプー

市販のシャンプーには洗い上がりの手触りを良くするためのシリコンが大量に配合されています。

 

シリコンは一時的に髪を艶やかにして、しっとりさせてくれますが、髪や頭皮を人工的な膜で覆ってしまうため、酸素を取り入れにくくなったり毛穴の詰まりを引き起こします。

 

そのため、頭皮環境が悪化して抜け毛が増えたり、頭皮の臭いなどが引き起こされるのですが、石鹸シャンプーにはシリコンは一切含まれていません。逆に、今まで蓄積していたシリコンを落としてくれるので、本来の髪の状態に戻して健やかに整えていきます。

 

また、シリコンを落としてクリアにすることで、髪が持っている治癒力が高まって、くせ毛を改善出来るというメリットもあります。

 

髪が健康になれば、太くてしっかりとした毛が生えてくるので、薄毛対策にもつながります。

 

デメリットは、使い初めにはどうしても洗い上がりがギシギシしてしまうということです。

 

また洗浄力も強いので、皮脂の分泌が少ない人だと頭皮が乾燥することもあります。

 

この二つは気になる人も多いようで、どうしてもやめてしまう。

 

使い慣れてくれば問題ありませんし、使い続ければ髪自体が丈夫になるのでギシギシ感も感じず、自然に潤いのある艶やかな髪へと生まれかわります。

▲上へ戻る